夜行バスで持ち込むのにオススメの食べ物を紹介!!

      2016/05/19

スポンサーリンク

今回は「夜行バスに持ち込むのにおすすめの食べ物」を紹介します。

 

夜行バスは何時間もかけて移動することが多く、どうしてもお腹がすいてしまいます。

 

空腹の状態でバスに乗っていると乗り物酔いになりやすいので、何かしら食べる必要があります。

 

休憩中にSAで食べ物を買ってもいいですが、寝過ごしてしまう心配もあるため、ある程度の食べ物は持ち込んだほうが良いと思います。

 

「でも夜行バスにどんな食べ物を持っていけばいいんだろ?」 と、あまり夜行バスに乗る経験がない方だと悩むがあると思います。

 

そこで今回は、夜行バスに持っていくのにおすすめの食べ物や飲み物と、 逆におすすめしない食べ物や飲み物」をご紹介します。

夜行バスに持っていくのにおすすめな食べ物

あまりにおいがしないもの

WS000039

夜行バスは高速道路を走るので窓を開けることができず、基本的に密室の状態です。

 

そんな中でにおいがするものを食べると、車内ににおいが充満してしまい他のお客に迷惑をかけてしまいます。ですので、あまりにおいがしない食べ物を持っていきましょう。

  • お弁当
  • カレー
  • キムチ

などのにおいがするものはおすすめしません。

 

他にも夜行バスを利用している人はいるので、こういったにおいがするものを食べると周りの人の迷惑になります。

 

逆にオススメなのは、

  • おにぎり
  • ぱん
  • カロリーメイト

などのようなものです。

 

満腹になってしまうと乗り物酔いしやすくなるため、腹6分目から8分目ほどになる軽食がオススメです。  

スポンサーリンク

イオン飲料水かミネラルウォーター

WS000040

飲み物に関しては、イオン飲料水かミネラルウォーターのどちらかがオススメです。

 

その中でも、できればイオン飲料水の方が良いです。イオン飲料水には体の水分バランスを整える効果があるので、エコノミークラス症候群の予防になります。

 

エコノミークラス症候群について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

夜行バスでエコノミークラス症候群を予防する4つの方法を紹介!!  

 

  • お茶
  • コーヒー
  • カフェオレ

などのカフェインが含まれている飲み物は放尿作用があるため、夜行バスではおすすめしません。

 

夜行バスは何時間も移動しますが、休憩は2,3回と少ないです。 そのため、途中でトイレに行きたくなっても我慢するしかありません。

 

なので、カフェインが含まれてる飲み物は 控えたほうが良いと思います。チョコレートにもカフェインが含まれているので控えたほうが良いと思います。

 

夜行バスで飲食するさいのマナーについて書いた記事があるので、あわせてこちらもチェックしてみてください。

知っておきたい!!夜行バスでの飲食マナー

 

以上、『夜行バスで持ち込むのにオススメの食べ物を紹介!!』でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 夜行バス 乗り方