夜行バスにペットも乗せる方法を紹介

      2016/05/19

スポンサーリンク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は『夜行バスにペットを乗せる方法』をご紹介します!

 

夜行バスは原則としてペットを乗せることはできません。

 

しかし、どうしても夜行バスに一緒に連れて行かないといけないということもあるかと思います。※盲導犬や介助犬の場合は別です。

 

そこで今回は、ペットを連れて夜行バスに乗る方法をご紹介します!

夜行バスで睡眠不足にならない3つの寝方のコツ!!

ペットを乗せる2つの方法

images

JRの昼行便を利用する

原則としてバス会社は動物は乗ることができません。しかし、JRは規定を満たせばペットも同車可能となっています。

Q. ペットは乗せていいですか。
A.

昼行便に限り、縦・横・高さの和が概ね90cm以内の収納ケースに入れたペット(猛獣は除く)は車内に持ち込むことができます。
尚、運行中に鳴き声、異臭等により他のお客様のご迷惑となる場合には途中下車していただく場合がございます。途中下車された場合の乗車券の払戻しはいたしません。
ただし、厚生労働省令で定めた書類を所持した身体障害者に同伴され、身体障害者補助犬である旨を明らかにするための表示をした身体障害者補助犬は昼行便、夜行便を問わずご乗車できます。

 

JRの規約によると、昼行便であればケースの三辺の和が90cm以内なら乗せることができます。

 

つまり、電車や新幹線と同様に小型犬なら乗せることが可能ということですね!

 

また、先述したように盲導犬や介助犬は規定なく昼行便・夜行便の両方に乗せることができます。

 

ただ夜行バスは昼行便のみしかダメなことに加え、鳴き声や排泄物の臭いでバスを降ろされることもあるので、電車を使った方が良いと思います。

 

また、夜行バスの車内は乾燥していますし揺れるので、猫などは吐いてしまうことがあるかもしれません。

スポンサーリンク

バス会社に電話する

もしバス会社の規定にペット同車が禁止されていても、バス会社に連絡すれば OKということもあります。

 

ネットで調べてみると、電話したら大丈夫だったというケースもあるようです。

 

ただ長時間バスに乗り続けるようなので、ペットには厳しいのではないかと思います。

 

少々高くても電車や新幹線の方が便利ですし、空調も夜行バスよりも整っているのでオススメだと思います。

 

懐具合と相談してみてどうするか決めてみてください。

 

以上、『夜行バスにペットも乗せる方法を紹介』でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 夜行バス 乗り方