夜行バスの4列シートは寝れない!?理由はなんで??

      2016/05/19

スポンサーリンク

今回は「夜行バスの4列シート」についてご紹介します。

 

夜行バスに乗りなれた方なら4列シートと聞いてピンときますが、乗り慣れてない方はよくわからないと思います。

 

4列シートというのは、 一般的な夜行バスを想像して頂ければOKです。学生の遠足や観光などでも4列シートのものが多く使われています。

 

4列シートがどんなものか何となくわかったと思いますが、4列シートはとても寝にくいです。その理由をこれからご説明します。

4列シートはなぜ眠りにくいの??

スペースが狭い

4列シートが寝にくい1番の理由は、シートの間隔が狭いことです。

 

女性や子供でしたらまだ余裕はありますが、男性が座るとあまりスペースに余裕はありません。

 

さらに、シートのリクライニングは最大で120度前後ですが、後ろのシートとの間隔が狭いので、あまりシートを倒すことができません。

隣の人との間隔が狭い

隣の席が友人や家族なら問題ないのですが、1人旅や奇数の人数で夜行バスに乗ると、隣の席に他人が座ることがあります。

 

バス会社の配慮で異性が隣同士になることはないのですが、同性であっても見知らぬ他人と隣は安心できませんよね。

 

特に4列シートは他人との距離が近いので、眠ろうとしても隣が気になって寝れないということもあります。

 

どこでも寝れるという方は4列シートでも平気だと思いますが、リラックスしていないと寝れないという方は、4列シートで眠るのはかなり難しいと思います。

 

夜行バスを快適に過ごすための睡眠グッズを紹介している記事があるので、良かったらこちらもチェックしてみてください。 夜行バスに乗る人オススメの6つの睡眠対策グッズ!!

スポンサーリンク

4列シートのメリット

これまで4列シートのデメリットを上げてきましたが、4列シートには安いというメリットがあります。

 

これは同時に夜行バスのメリットでもあるのですが、夜行バスのプランの中でも1番安いのが4列シートなんです。

 

ですので、狭くて眠りにくくても出来るだけ安いお金で旅行したい場合は、夜行バスの4列シートは最適だと思います。

4列シートがどうしても嫌な場合

「いくら安いといってももう少し快適に過ごしたい」と考えている方もいるでしょう。

 

値段は上がってしまいますが、そんな方にもオススメの夜行バスのシートプランがあるので、ご紹介しようと思います。

3列(2+1)シート

WS000017

これは2列シートと1列シートで構成されたものです。運がよければ安い値段で1列シートの方に座ることができます。

 

2列シートだった場合でも、4列シートよりもシートの横幅と前後の間隔が広いので、快適に過ごすことができます。

3列独立シート

20071020051132

これはシートがそれぞれ独立したシートです。シートの前後の間隔と横幅は3列(2+1)シートと同じですが、 左右が通路になっているため、かなり開放感があります。

 

このように値段を上乗せすれば、夜行バスでもかなり快適に乗ることができます。

 

安いから夜行バスに乗っているという場合は関係ないでしょうが、少しでも快適に夜行バス内で過ごしたいと思うなら、ぜひもう少しお金を出していいシートに座ってみてください。

 

特に長距離を夜行バスで移動する場合、1つ上のシートにグレードアップするだけでかなり楽になります。

 

以上、『夜行バスの4列シートは寝れない!?理由はなんで??』でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 夜行バス 睡眠