夜行バスが遅延した場合返金はあるの?

      2016/05/19

スポンサーリンク

hatenabook

今回は『夜行バスが遅延した場合返金されるのか』についてご紹介します!

 

例えば夜行バスが遅延したり運休になった時、返金されるのかというところが気になると思います。

 

タイトルには遅延と書きましたが、その他の状況でも返金されるのかを書いていこうと思います。

夜行バスの返金はどうなの?

状況別に運賃が返金されるのかまとめました!

夜行バスが遅延した場合

夜行バスが何時間も遅延しても返金はありません。ただ途中で運行中止になったら返金はあります。

 

2013年に超特急スーパーライナーが23時間50分遅れて目的地に到着したのですが、この時も返金は一切ありませんでした。

 

丸一日遅延しても返金なしですからね。すごい徹底ぶりですよね笑なので夜行バスに何かあって目的地に到着しない場合のみ、返金されるって形になっています。

公共の交通機関で遅延した場合

夜行バスに乗る前に公共の交通機関で遅延して夜行バスの出発時間に間に間に合わなかった場合、運賃の返金はされません。

 

なので電車が遅延して夜行バスに乗れなくても、料金の払い戻しはないので気をつけてください。

運休した場合

自然災害などによって運休になった場合は運賃は返金されます。

 

取り敢えず目的地に到達できない場合のみ運賃は返金されると思っていれば大丈夫です。

 

ただ大雪でも引き返せず運行した事例もあるので、運休や引き返すのは中々ないと思います。

夜行バスのキャンセル料を払わないとどうなる??

運賃の考え方について

例えば鉄道の場合、目的地に移動するための運賃と早く行くことへの対価として特急料金があります。

 

なのでJRの場合は到着時間が2時間遅延すれば、特急料金が返金されます。一方、高速バスの場合支払うのは目的地に到着するための「運賃」のみです。

 

そのためどんなに遅れても目的地に着きさえすれば、バス会社は役割を果たしたと言えます。

 

夜行バスも他の交通機関と同じものと考えれば、もっと分かりやすくなると思いますよ。

夜行バスで学割ってどう使うの?

 

以上、『夜行バスが遅延した場合返金はあるの?』でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 未分類