夜行バスに乗る人オススメの6つの睡眠対策グッズ!!

      2016/05/20

スポンサーリンク

今回は「夜行バスに乗る人におすすめの快適に睡眠をとるためのグッズ」をご紹介します。

 

夜行バスで最も多い悩みといえば、『寝れない』ということだと思います。

 

私もよく夜行バスを利用するので身を持って感じていますが、とても眠りにくい環境です。

 

特に長距離間を夜行バスで移動する場合、距離が長くなるにつれてどんどん辛くなっていきます

 

しかし、睡眠グッズを使う事によって、夜行バスでも通常の何倍も快適に睡眠をとることができるんです!

夜行バスで快適に寝れる睡眠グッズ

空気枕

DSC00163

通常の夜行バスのシートはクッション性が低く、シートを倒しても寝やすい体制を取りにくくなっています。

 

しかし空気枕を使う事によって頭がしっかりとフィットし、空気枕一つでかなり寝やすくなります。

 

使わないときは空気を抜いておけばかさばらないので、荷物にならないのでオススメです。

耳栓

027059

夜行バスに乗っていると、いびきがうるさい同乗客や話していてうるさい同乗客と一緒のバスになることがあります。

 

雑音があっても寝れる方はいらないかと思いますが、気になって寝れないという場合は耳栓は必須だと思います。耳栓じゃないくて音楽プレイヤーでもいいですね。

空気クッション

WS000019

通常の夜行バスのシートはクッション性が低く、長時間姿勢を変えることがないので、座っているとお尻と腰がかなり痛くなってきます

 

そこで必要になるのが空気クッションです。シートとおしりの間にこれがあるだけでかなり違います。

 

空気枕同様に使わないときは空気を抜けばかさ張らないので、荷物にならないのでオススメですよ。

 

特に腰痛持ちの方だと悪化する恐れもあるので、空気クッションは必須だと思います。

スポンサーリンク

空気枕と空気クッションの両方を持っていくのは面倒という場合は、 無印良品のネッククッションがオススメです。

4548718988938_400

これは空気枕にも空気クッションにもすることができるので、1つで2役こなしてくれます。

 

さらに、人をダメにするクッションでお馴染みの微粒子ビーズを使用していて、体にフィットするのでとても使いやすいです。

アイマスク

WS000020

「夜発のバスなら車内が暗くなるから必要ないでしょ」 と、思うかもしれないですが、禁止されているスマホの使用をする人が意外と多いので、その明かりが不快で寝れないということはよくあります。

 

アイマスクならすべての明かりをシャットアウトしてくれるので、完全に光を遮って睡眠をとることができます。

マスク

WS000021

夜行バスの車内は乾燥しています。何時間も乾燥している車内にいたらかなり喉がやられるので、マスクは絶対にしたほうが良いと思います。

ブランケット

WS000022

大抵のバスには備え付けのものがありますが、誰が使ったかわからないものは使いたくない人もいると思います。

 

車内は適温を保つようにしていると思うのですが、冬場だと睡眠中に体温が下がって寒さで起きてしまうことがあります。

 

男性はまだ平気だと思いますが、女性の方は荷物に余裕があれば持っていくことをオススメします。

6つほど睡眠グッズをあげましたが、最低限これだけあれば夜行バスで困ることはないと思います。

 

これでも夜行バスで眠れるか心配という方は、あまりオススメはしませんが、睡眠薬を持っていくのも1つの手だと思います。

 

睡眠薬に関しても記事を書いているので、気になる方はチェックしてみてください。

夜行バスで寝れない人必見!!おすすめの睡眠薬を紹介!!

 

以上、『夜行バスに乗る人オススメの6つの睡眠対策グッズ!!』でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 夜行バス 睡眠