絶対に知っておきたい夜行バスでの携帯電話のマナー

      2016/05/19

スポンサーリンク

今回は「夜行バスでの携帯電話のマナー」についてご紹介します。

 

夜行バスは格安で利用できてとても便利ですが、他にも多くの人が利用しています。

 

そのため、周りの人に迷惑をかけないようマナーを守って行動する必要があります。

 

マナーは暗黙の了解として見られることが多く、自分のやっていることがマナー違反かど分からないことが多々あります。

 

夜行バスでは飲食におけるマナーの他に、携帯電話を使用するときにも守ってほしいマナーがありますので、どういったものがあるかみていきましょう。

夜行バスで守ってほしい携帯電話のマナー

マナーモードにする

WS000036

これは公共の場所では、最早当たり前となっているマナーですよね。

 

特に夜行バスでは睡眠をとっている人が多くいるので、着信音やゲームの音などは周りの迷惑になってしまいます。

 

また、寝過ごさないために携帯でアラームをかける場合、マナーモードに設定していても音が出てしまう場合があります。

 

夜行バスでアラームを使う予定なら、乗る前に事前にアラームの確認をしておきましょう。  

写真撮影は控える

WS000037

電車などと同じで夜行バスでも写真撮影は控えましょう。SNSで写真を一緒に載せたいという気持ちはよく分かります。

 

しかし、写真には自分たちがメインに写っていても、後ろに関係のない人が写ってしまうことはよくあります。

 

写ってしまった方のなかには嫌な思いをする方もいるでしょうし、個人情報の観点から見ても写真撮影は控えるべきです。  

消灯後はスマホを使用しない

WS000034

バス会社は消灯後の携帯電話の使用を控えるように言っています。

 

出発前に係員が注意事項として言ったり、消灯前に車内アナウンスで流れることもあります。

 

夜行バスは12時以降は車内の電気を消します。これは乗客が睡眠をとりやすくするための配慮なのですが、その暗闇の中で携帯を使用していると画面の明かりが目立ちます。

 

使用している本人はあまり明るく感じていないかもしれないですが、後ろに座っている人からするとかなり気になります。

 

ガラケーの場合はあまり気にする必要がないのですが、スマホは画面が大きく光も強いため、周囲への影響が大きいので使用は控えたほうが良いです。

 

携帯の明かりによって周りの人とトラブルになる可能性もあるので、できる限り消灯後は携帯電話の使用は控えましょう。

スポンサーリンク

消灯後に携帯電話を使用するには??

基本的に消灯後に携帯電話を使用するのはマナー違反ですが、どうしても携帯電話を使いたくなることがあると思います。

 

そういう場合は周りにできるだけ迷惑がかからないように 配慮する必要があります。  

画面の明かりを暗くする

多くの人はスマホの画面明るさを半分より上の明るさに設定していると思いますが、消灯後の夜行バスでは画面の明るさを最低にしましょう。

 

画面の明るさを最低にするだけでもかなり違います。画面は見にくくなりますがそこは我慢してください。  

あらかじめ席を予約する

夜行バスを予約するときの席に気をつけましょう。どの席かによって携帯の光が漏れたときの周りへの影響が違います。

 

例えば、もし一番前の席だったら 消灯後に携帯を使用していたら自分の後ろ全員に 漏れた光の影響がありますよね。

 

ですので、

  1. 1番後ろの席
  2. 窓際の席

この優先度で席を予約しましょう。

 

1番後ろの席

1番後ろの席は後ろに誰もいないので、消灯後に携帯を使用して明かりが漏れても問題ありません。消灯後に携帯をしようしても1番問題のない席です。

 

ただ、自分の横に人がいる場合は その人に光が向かないように注意する必要があります、

 

窓際の席

1番後ろの席が空いていなかった場合、できる限り後ろの窓際の席を取りましょう。

 

できる限り後ろの席がいいのは先ほど話したように、 自分の後ろにいる人が少ないからです。

 

窓際が良い理由としては、明かりが漏れるのを最小限に留めることが出来るからです。

 

窓側の席になった場合、スマホを少し下向きにして窓側に向けましょう。そうすれば明かりは窓の下の方に向くので、上や横に明かりが漏れる範囲が狭くなります。

 

通路側の席の場合

もし窓側の席に空きがなく通路側になった場合、消灯後に携帯を使用するのはかなり難しいです。

 

通路側の席は後ろ斜めの通路側の人の視界に 全部入ってしまう位置です。

 

そのため、消灯後にスマホを使用すると、特に後ろ斜めの人からしたらスマホの明るさが気になります。

 

通路側になってしまった場合、消灯後にスマホを使用するのは出来るだけ控えたほうが良いと思います。

 

以上、『絶対に知っておきたい夜行バスでの携帯電話のマナー』でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 夜行バス マナー, 夜行バス 乗り方