夜行バスで快適な睡眠をとる2つのコツ!!

      2016/05/19

スポンサーリンク

WS000126

今回は「夜行バスで快適な睡眠をとるコツ」をご紹介します。

 

旅行や仕事で夜行バスを利用する方は多いと思います。夜行バスは格安なので利用しやすいですしね。ただ、その代わり新幹線などよりも時間がかかります。

 

移動に10時間以上かかるものもありますし、かなり長い時間夜行バスに乗っていることになります。そのときに『なかなか眠れない』と悩むことはないでしょうか??

 

実際に夜行バスはかなり眠りにくいので、快適に眠れるように工夫する必要があります。

快適な睡眠をとるには??

快適な睡眠をとるためには、リラックスできる環境を作る必要があります。

 

ストレスが溜まっていたり緊張した状態でいると、快適な睡眠をとることができません。そのため、夜行バスで快適な睡眠をとるには、 リラックスできることが条件になります。

夜行バスでリラックスする2つのコツ

夜行バスでリラックスすることができれば、それが快適な睡眠へとつながります。

 

そこで、夜行バスの中でリラックスできる方法はどんなものがあるのでしょうか。一つずつみていきましょう。  

睡眠グッズを使う

WS000019

これが一番効果的な方法だと思います。夜行バスのシートは硬いものが多く、そのままだと非常に眠りにくいです。

 

ですが、クッションなどの睡眠対策グッズを使うことでかなり眠りやすい状態を作ることができます。

 

こちらの記事で睡眠対策グッズについて詳しく紹介してます。

夜行バスに乗る人オススメの6つの睡眠対策グッズ!!  

 夜行バスのシートのグレードを上げる

rp_133850bd05ef9c59be38d9ae515e50e0-300x225.jpg

夜行バスはシートにグレードがあります。一番安いものは4列スタンダードで、3列(2+1)・3列独立・2列とグレードアップしていきます。

 

シートのグレードに比例して料金も上がってしまいますが、4列スタンダードはシートの感覚が狭いのでとても眠りにくくなっています。

夜行バスの4列シートは寝れない!?理由はなんで??

 

ですので、できるだけシートのグレードをあげたほうが、快適な睡眠をとりやすくなります。

 

あまり交通費にお金をかけたくない場合は、4列ゆったりという4列よりちょっとだけ高いシートプランがおすすめですよ!

 

4列スタンダードよりシートの間隔が10センチほど広く、足を置くスペースが広くなっています。たった10センチほどですが、それだけでもだいぶ眠りやすくなりますよ。

スポンサーリンク

どうしても寝れなそうな時の緊急処置

WS000127

色々と睡眠対策をやっても、夜行バスで眠れるか心配な方は市販の睡眠薬を飲みましょう。

 

睡眠薬の服用はあまりおすすめしないですが、夜行バスで目的地についてからの予定もあるでしょうし、寝不足で観光や仕事は嫌だと思います。

 

ですので、そういった場合は睡眠薬を服用しましょう。市販の睡眠薬は病院で処方されるものよりも効果が弱いのです。

 

人によっては体質で効果がない睡眠薬もあるので、事前に一度服用して効果と副作用をチェックしてみてください。

夜行バスで寝れない人必見!!おすすめの睡眠薬を紹介!!

 

以上、『夜行バスで快適な睡眠をとる2つのコツ!!』でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 夜行バス 睡眠