知っておきたい!!夜行バスでの飲食マナー

      2016/05/19

スポンサーリンク

今回は「夜行バスでの飲食のマナー」についてご紹介します。

 

夜行バスは格安で利用できる便利な移動手段ですが、自分以外にも多くの人が利用しています。

 

そのため、みんなが夜行バス内で快適に過ごせるようにマナーを守って行動する必要があります。

 

ただ、マナーについては暗黙の了解となっていることも多く、「夜行バスでの飲食マナーなんて分からない」という方も多くいると思います。

 

そこで今回は、最低限守っておくべき飲食マナーをご紹介します。

夜行バスで守るべき飲食マナー

飲酒

WS000029

飲酒は夜行バスでマナー違反です。夜行バスに乗ったことがある人は、出発前に係員から飲酒は禁止と説明された記憶があると思います。

 

夜行バスに乗っているとたまにお弁当と一緒にビールを飲んだり、友達とお酒を飲みながら騒いでいる人などを見かけます。

 

しかし彼らの行為は完全にマナー違反なので、もし車内でお酒を飲んでいる人を見かけても真似しないでください。  

においが気になる食べ物

WS000031

飲酒のほかに飲食について係員から言及されていることはありませんが、においが気になる食べ物を食べるのは控えたほうが良いです。

 

車内は基本的に密室となるので、その匂いが車内に充満して気分が悪くなる人が出てくるかもしれません。

 

また、人によっては不快に感じる匂いかもしれませんし、それが原因でトラブルに発展してしまっては大変です。

 

もしお腹が空いてしまったときは、あまり匂いのしないものを食べましょう。

 

私はよくコンビニでおにぎりを買ってバスに持ち込み、お腹がすいたら食べるようにしています。おにぎりも若干匂いはありますが、これまで変な目で見られたことがないので大丈夫だと思います。  

消灯後は食べ物は食べない

WS000033

夜行バスは12時を過ぎると、睡眠をとりやすくするために車内の電気を消します。

 

大抵の人はそのあと眠り始めるので、車内はかなり静かになります。そんな中お菓子の袋を開ける音などがすると、以外と響いてうるさいです。ですので消灯後は食べ物を食べるのは控えたほうが良いかと思います。

 

どうしても我慢できなくて食べるときは、できる限り音を立て内容に気をつけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

どこまでがセーフでどこからがマナー違反かは、の人の価値観によってだいぶ変わります

 

車内でお弁当を食べるのがマナー違反という人がいれば、お菓子を食べるのもマナー違反という人もいます。

 

なので、どの範囲までがマナー違反にならないかは、最終的に自分自身の考えによって決まります。

 

ですが、基本的に電車に乗る時などと同じ程度のレベルでマナーを守れば、周りから文句を言われることはないと思います。

 

その場での常識を考えて、ほかの人の迷惑にならない行動を取るようにしましょう。

 

以上、『知っておきたい!!夜行バスでの飲食マナー』でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 夜行バス マナー, 夜行バス 乗り方